キッチンのおはなし〈シンク編〉
こんにちは!

今日は朝から土砂降りの雨。
こんな日に娘の学年は社会科見学で自動車工場まで出掛けるらしく、気の毒に・・・。
娘の学年はなぜだか本当にお天気についてなくて、イベントごとに雨が降ってしまうんですよねー。

私も午後からは美容院に行く予定があるので、早く雨が上がってほしいな。


ずいぶん前に書いたキッチンのおはなし、続きはまた今度的なことを宣言しておきながら放置してました・・・(^_^;)

なので今日はシンクまわりのことをご紹介しようかと思います。
昨日水まわりの大掃除のことに触れたばかりですし。

昨日もお話しした通り、私は水まわりの掃除が本当に苦手です。

なのでこの場所もできることなら大掃除したくない!(笑)

ということで、キッチンの設計の段階からシンクの中で使うものについてあれこれシュミレーションしておきました。

素材についてはご存知の通りステンレスを使っています。

お手入れのしやすいキッチンを親方にアピールしまくったので、親方からもかなりのアイディアをもらって何度も何度も相談しました。

そして出来上がったシンク部分がこちら。
b0171943_10390339.jpg

ひとつめのポイントは右奥のポケット。
洗剤やスポンジを置くためのスペースです。

洗剤やスポンジは吸盤で取り付けたりする専用のものもあると思いますが、ずぼらな私はたまにしか掃除をしないのでその吸盤のあとがシンク内にガンコに付着して綺麗に取れないということが以前にありました。

なので今回は初めからシンク内にそのスペースを確保してもらったんです。

お手入れしやすいようにと贅沢に超巨大なステンレス板を型押しして作ってもらったので、継ぎ目がなく汚れがたまらないので助かっています。

洗剤を入れるポンプボトルはこのキッチンに合うように、探しに探してようやく見つけたものでとてもお気に入りです♪


そしてもうひとつのポイントはこのシンクの奥行き。
これはなんと、右側にある水切りカゴのサイズに合わせて作ってもらっています。

次のキッチンで使う水切りカゴは、ラバーゼのものにしようと決めていたので、迷わずこのサイズでお願いしました。

当初、水切りカゴがシンクに引っかかる部分を作って、カゴを浮かせた状態にして使おうと考えていたのですが、ラバーゼの水切りカゴの脚が思っていた以上に高く、そのまま置いても流れてくる水に食器が触れることはなさそうなので、そのままの状態で使うことにしました。

実際に今まで洗い置いた食器が流れてきた水で濡れたり汚れたりする被害は皆無です。

夜、すべての洗い物が終わったらカゴごとシンクから出して、シンクの中を隅々まで洗うことができるので本当に掃除が楽チンです♪

ラバーゼは私の知る限り他のどんなステンレス製の水切りカゴよりもしっかりとした作りでシンプルなので、水切りカゴで迷子になっている方にはオススメですよー!


それから水栓ですが、これもキッチンを設計し始めた当初から決めていたものを取り付けてもらいました。

このTOTOの水栓は、私がよくお邪魔する主人の親友のご実家で使われているものと同じタイプものです。

ここのお宅では年に何度かホームパーティーがあり、そのたびに私はキッチンのお手伝いをさせてもらっているのですが、その時に使わせてもらって以来ずっと惚れ込んでいて。

実はこのお宅、一家で水道屋さんを営んでいるので、リノベーションの際の水まわりの関係は全てお願いしていました。

まさしく水道の道のプロ!なので、水栓からトイレに至るまでどこのどんな物が良いのかすごく知識を持っていて、私に教えてくれました。

そんなお宅で使われている水栓ですもの、間違いないに決まってるし!(笑)

この水栓の便利なところは、正面の丸い部分がボタンになっていて、軽くタッチするだけで水を出したり止めたりできるので、両手がふさがっている時でも肘でチョンとすれば良いだけ。

水の出る部分もシャワーとストレートに簡単に切り替えられるし、その部分は引っ張り出すとホースになっているのでシンクの中をぐるっと洗いたい時にとても役立ちます。

そして何より!
毎日のお手入れがとてもラク♪
毎晩ササッーと吹き上げているだけですが、今の所くもりもキズも無く、取り付けてもらった時の状態をキープできています。

隣にある水栓は浄水器の水栓です。
こちらは蛇口部分が360°C回転するので、向こう側から来た人が水を汲みたい時でも、シンクの正面まで回らなくて済むようになっています。


シンクの中の話に戻りますが、洗い桶の隣にあるステンレスのボウルが気になりますよね。(ならない?)

これは、調理中に出る生ごみを一時的に入れておくためのボウルです。

我が家には畑にJJが作った簡易コンポストがあって、生ごみはすべてそこへ入れて土へ還すようにしています。

コンポストと言っても、畑の中に掘った穴にちょっと手を加えたようなものですけどね。^^

朝昼晩と調理の後にその穴へ行っては生ごみを捨てます。

そのため、この生ごみ用のステンレスボウルは我が家では「アナユキ(穴行き)」と呼ばれていて、子どもが「おかーさん、このゴミどこ捨てるのー?」と聞けば、私は「アナユキ入れといてー!」と返す感じです。(笑)

ありの〜♪ままの〜♪(古)

よその人が聞いたら何の話かと思うよね。


そう、ごみといえばゴミ箱!
ゴミ箱はこのシンクの下に隠れています。

ななな、なんと!
このシンク丸ごとのサイズ、実はこのゴミ箱のサイズに合わせて作ってもらっているんですよ。

主役級の扱い!(笑)

画像では布巾に隠れてしまってよく見えないので機会があればまた別でご紹介したいくらいなんですが、このゴミ箱の情報を最後に貼り付けておくので良かったら見てくださいね♪

シンクの下にはその他に浄水器のカートリッジや洗剤のストックなどが収納されています。

それも写真撮っておけば良かったー。
うまいこと収まっているので、また今度詳しくご紹介しますね。


さて、長くなりましたが〈シンク編〉のお話はこのくらいです。

私と同じ水まわりの掃除が苦手な方の、何かヒントにでもなれば良いなぁ。





















.
[PR]
by h-handmade | 2015-12-03 11:02 | エイチ家リノベ日記
<< お知らせ ずぼら大掃除 >>



handmadeのh(エイチ) 
by エイチ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
**********************

Facebookページ

エイチ


Instagram

handmade_h


クックパッド MYキッチン

クックエイチのキッチン


エイチの過去のブログ

エイチ

エイチへのご質問等

*お問い合わせ先*
カテゴリ
handmade オトナ服
handmade コドモ服
handmade ザッカ
エイチweb店
イベント
布ナプライフ
ヒビノコト
ゴハン
オヤツ
かもめ助産院委託
shion 委託
ゴアイサツ
エイチ家リノベ日記
外部リンク
フォロー中のブログ
WARM HOME
GARAGE 
eighty-natural
KOYUKI+
moco
ちいさなあしおと
** 静かな場所 ** ...
『  L e e ...
Komora
oyasumi.3
ofuwa*
食堂みなと
ミシンとオーブン
三崎海南市
おうちパン教室「kumi...
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル